転職で失敗しないためのポイント

社会に出て、仕事をしている人ならば、誰しも一度ぐらいは転職を考えたことがあるのではないでしょうか。転職を考える理由は人それぞれ。「今の会社が嫌だから」「上司や同僚とうまくいかないから」「待遇に不満があるから」といったマイナスの理由から、「新しい環境でもっと力を発揮したい」「さらなるスキルアップを図りたい」といった前向きな理由までいろいろです。しかし、誰しもに共通するのは「転職に失敗したくない」という思いでしょう。

私がかつて転職を考えていた時、友人からアドバイスされた言葉があります。それは、「転職をするなら、今いる会社より上のランクの会社を目指せ」というものです。その後私は二度ほど転職しましたが、友人からのアドバイスは実に的を射たものだったと実感しています。

今いる会社と同等か、下のランクの会社に移ることは簡単です。そのため、現在の状況が嫌だからとりあえず転職したい、というような人は、あまり深く考えずに、同等、もしくは下のランクの会社に職場を移してしまいがちです。しかし、安易に転職した結果、前よりもっと劣悪な環境に身を置く羽目になってしまったという話も良く耳にします。

転職によって職場環境や待遇を改善したい、もしくはスキルアップを図りたいと考えるのであれば、私の友人が言うように、現在の会社より上のランクの会社を狙うべきです。上のランクにあるということは、それだけその会社が優れているからです。

《ピックアップ》
仕事探し20代【就職・転職にご利用ください】
20代が転職や就職の仕事を探すときの方法

アーク引越センター採用情報

上のランクの会社に移るのは容易ではありませんが、転職に失敗するリスクは格段に低くなると思います。最終的に幸せをつかみたいのであれば、その労力は惜しむべきではないでしょう。