40代を過ぎてからの転職状況

af9920045223l

 転職は若いうちの方が有利とよく言われていますが、すべてのケースにおいてあてはまるわけではありません。 確かに一般論としては若い人の方が転職では有利であることは事実です。採用する企業としても一度雇った人間には長く働いてほしいと考えるものです。同じような能力を持った人材を比較した時に若い方が有利になることは仕方がないことがといえます。

 40代を過ぎてから転職しようとすると、自分に合う求人情報の少なさに驚くことになります。転職採用の年齢制限は30代を区切りにしていることが多く、特に年齢が関係ないような求人であっても年齢制限に引っかかって応募すらできないことも珍しくありません。

 求人の少なさに嘆いていても何も始まりません。できるのは今与えられた条件の中で精いっぱい努力することだけです。求人が少ない分採用は狭き門となってしまいますが、あきらめてしまうには早すぎます。転職活動を成功させるカギは、職務経験のアピールです。

 年齢を重ねていることの有利な点の一つに、豊富な経験を積んでいることが挙げられます。経験ならば若い人よりも有利な状況にあるのですから、転職活動にこれを生かさない手はありません。面接では過去の仕事で得た経験を積極的にアピールし、自分が即戦力となる人材であることを積極的に売り込みましょう。

 経験が有利に働くのは同業種への転職だけではなく、異業種への転職でも同じです。今までとは異なる仕事であっても、作業計画の立案やマネージメント、ビジネスマナーなどは共通するスキルです。過去に培った経験を生かして働くことは十分可能なので、積極的に売り込みましょう。